• いろいろ身の周りの物をレビューします

私は長らくFXをしてきましたが最近になってやはりFXは怖いと思いました。

何が怖いかといいますと相場が急騰急落したときには、いくら逆指値で損切りラインを設定していてもあるいはFX会社が設定しているロスカット値を下回ってもそれらの処理が間に合わず損切りもロスカットもできないまま預けている証拠金が減ったりあるいは預けている証拠金以上の損失が出て口座残高がマイナス数十万円などということが時々起こっているからです。

そこで何かいい方法はないかと考えていたところバイナリーオプションに行き当たりました。

バイナリーオプションというのは2時間後の値が提示された値よりも上か下かを当てる取引です。

例えば提示値が108.00で1ロット550円で上昇を選んでオプションを購入したとすると2時間後の値が108.01とわずか0.01でも上であれば1000円が払い戻される取引です。

また2時間が経過する前に思っていた方向に値が十分に動くと払い戻し価格が1000円になりますのでその時点で清算し1000円の払い戻しを得ることができます。

ですから普通のFXでいうところのスキャルピングと同様の取引ができるのです。

1ロットは10000通貨なので普通のFXでこれを取引すると最低でも5万円の証拠金が必要になりますが、バイナリーオプションだと500円くらいから購入できますので100分の1の資金で同等の取引ができることになり資金効率がかなり良くなります。

10000通貨ということはドル円ですと現在は108円くらいなので500円のオプション代を払えば100万円分のドルを買ったのと同等の差益を狙えるのです。

しかも仮に思ったのと反対方向に値が動いたとしても途中で清算し損失を限定することもできますし、もし急騰急落などで値がものすごく動いたとしてもオプション購入価格以上の損失は出ないのでリスクが少ないと言えるでしょう。

デメリットは最大2時間という制限があるので待っていれば戻ってきたかもしれないのに2時間で負けが確定してしまうことです。しかしもともとスキャルピング的な取引が目的とするならば大したデメリットではないと思います。

またもう一つデメリットを上げるとFXでいうところのスプレッドという手数料が1PIPと普通のFXより数倍大きいことです。しかしこれも実用上大して変わらないというのが私の実感ですから大したデメリットではありません。

そのようなわけでFXをやるなら私はバイナリーオプションが良いと思います。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です